トップページ | 概要 | 定款 | 会員制度 | 研究会等のご案内 | 過去の研究会 | バイオマス白書 | バイオマス情報DB
資料頒布・販売 | バイオマスプラスチック | 法人会員 | 会員専用 | 事務局便り | サイトマップ | リンク集 | プライバシーポリシー

BINが考えるバイオマス資源利用のメリットと具体的対策

「バイオマス産業社会」とは(BINの定義案)

従来、石油などの化石燃料が多く使われてきたエネルギー、工業原料の分野で、廃材や植物繊維などのバイオマス資源を社会的/生態的に適性に利用し(利用例は右を参照)、可能な限り化石資源と代替する産業社会。バイオマス資源の利用は原則、市場経済に乗せるものとするが、必要があれば、法的・公的処置をとる。バイオマス資源の利用は右の基準案にのっとって行う。

化石資源中心の産業社会の弊害

  • 地球温暖化
  • プラスチック・石油製品の廃棄物問題、リサイクル困難
  • 地域資源が活かされない
  • 地域農業の衰退
  • 地域経済の停滞

循環資源であるバイオマスの利用例
  • 燃料としてのバイオマス資源の利用(バイオエタノール、バイオディーゼル(BDF)、バイオメタノール、バイオマス由来の水素等)
  • 製材廃材、おが屑、樹皮、間伐材等の木質バイオマスの利用
  • 建設廃材、木屑、廃棄紙、農業廃棄物など含水率の低い廃棄物系バイオマスの利用
  • 食品廃棄物、生ごみ、下水汚泥、家畜糞尿、漁業廃棄物等の含水率の高い廃棄物系バイオマスの利用
  • 建築材、家具等への持続可能な森林管理のもとに採取された木材の利用
  • 麻、ケナフ等の繊維強化プラスチック(FRP)等植物繊維の工業利用
  • バイオマス・プラスチックの利用
  • その他バイオマスのマテリアル利用(竹製品、非木材繊維、非木材林産物、オーガニックコットン、オーガニックウール、絹の工業利用、天然ゴムその他)
       
       
バイオマス利用の主なメリット   現状での主な問題点  
  • 温暖化の原因とならない
  • リサイクルが比較的容易
  • 廃棄後の処理が比較的容易
  • 地域活性化対策となりうる
  1. 化石資源に比べてコスト高
  2. 商品開発が未発達、コンスタントに一定量確保が困難
  3. 製品情報が入手しにくい
  4. 社会的認知度が低い
 
具体的対策  
  1. 商品開発のサポート(大学・国の研究機関での支援、ベンチャーキャピタルなど開発資金の整備等)
  2. グリーン購入促進の制度整備(グリーン電力制度、グリーン証書制度、RPS、ラベリング等)
  3. 買電システムの整備
  4. 助成制度の整備
  5. 炭素税の導入
  6. 技術データベース、情報ネットワークの整備
  7. 導入アドバイザーの整備
  8. マスメディア等による社会的認知度の向上

BINの推奨するバイオマス資源利用の基準案

  • 資源利用が生態系の物質循環の中にある、生態系保全を危うくする有害な物質を出さない
  • 環境負荷が従来の材料や工程よりも少ないか、将来少なくなることが見込まれる
  • 資源のカスケード利用を考慮している
  • 事業運営が、ビジネス、地域の発展、生態系保全、循環型経済、参加者の自立などをふくむホリスティック(包括的)な視点に基づいて行われている
  • 市場経済の中で生き延びる競争力があるか、将来はそれを目指している
  • 雇用創出等、地域に経済的、社会的恩恵がある
  • 地域の生態系や社会に適した、伝統的農法、伝統的産業の技術を踏まえている
  • 参加者が使いこなせる技術を利用している
  • 事業運営が参加型で、情報公開がなされ、オープンである
  • 農業従事者、消費者、自治体、研究者、NGOらのネットワークを活用している

©バイオマス産業社会ネットワーク